コピー機の機能

会社のオフィスや学校などにも今ではごく当たり前のようにコピー機はあります。皆さん何気なくコピー機を利用していますが、コピー機についてあまり詳しくはないかと思います。ここではコピー機について、いろいろとご紹介します。

コピー機と言えば用紙をコピーするものです。しかし、実際にはどのようにコピー機はコピーをしているのでしょうか。実は、コピーは静電気を利用して行われています。光と静電気を利用して、感光体ドラムというものの表面に文字や絵を静電気で写し、そこにインクを付着させてコピー用紙に転写して熱ローラーで定着させます。

コピー機の内部は、明暗の情報を細かく読み取る光学部と、それを紙に複写する現像部で構成されています。原稿をセットしてコピーを開始すると、工学部に印刷する原稿が流れ込み、そこで紙のデータが静電気として読み取られ、発射されたインクは軽いので静電気程度の弱い力でも引き寄せられるのです。

またコピー機にはデジタルのデータを印刷するプリンター機能、現実の紙などの媒体をデータ化するスキャン機能も存在します。また、最近では利用されていないことも多いですが、ファックス機能がついているものも存在します。

コピー機のトラブル

コピー機を利用していると多いのが紙詰まりです。挿入された原稿が折れ曲がってしまったりすると、機械はエラーを起こして止まってしまいます。これを止めるためには紙同士がまずひっつかないようにすることが大切です。印刷する前に原稿をほぐして、少し段差をつけて挿入するとよいでしょう。

また、付箋などが紙に貼り付いていると、紙が詰まる原因になります。付箋は印刷する前に剥がしておくとよいでしょう。コピーしたときに用紙に黒い点や線が写ってしまう場合は、コピー機のガラス面に汚れが付着している可能性があります。綺麗にふき取れば、多くの場合解決します。

コピー機を購入するときに保証契約をしておくと、大きなトラブルに巻き込まれた時も安心です。一般的なものがカウンター契約といい、プリンターが印刷した枚数をカウントしておき、故障したときの枚数で料金を決定するというものです。

キットトナー契約というものもあり、メンテナンス契約付きのトナーを購入し、そのトナーを利用している期間は保守サービスを受けられるといった契約です。この他にも、スポット契約というものもあり、コピー機が不具合を起こすたび、有償で保守サービスを受けられるサービスの事です。